Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

【海外のカフェで働く前に知っておくべきこと in Canada / 仕事編その2】

こんにちは、
最近毎日1記事投稿を心掛けているよっしーです
今回は私がトロントのカフェで働いていたので、
海外のカフェで働く前に知っておいた方が良いことについて紹介したいと思います。

 f:id:Torontochantoittemashu0228:20170207234459j:image

まず、最初に皆さんに言っておきたいことがあります。

 

海外のカフェで働くのに大した英語力はいらない

 

自分も働く前は自分がローカルカフェでカナダ人と一緒に働くのなんて無理なのだろうなぁ。

 

かなり高い英語力が必要とされているのだろうなぁ。

 

と思っていました。
しかし実際にカナダのローカルカフェでカナダ人と働いてみて分かりました。

 

 


しかし、実際どのような英会話が海外のカフェで行われているのか気になりますよね。
自分がよく使っていたカフェでの接客英語をたくさん入れて作ってみました。

 

(*注意

もし海外のカフェで働きたい方がいましたら、
下記の英会話の文章を丸暗記しない方が良いです。なぜなら自分の言葉で接客した方が何より楽しいからです。)

 


それでは、どうぞ!!


★カフェでの接客英語(Super Long ver.)★

 

ある日のカフェでは…

 

f:id:Torontochantoittemashu0228:20170207232126j:image
店員「Hi!! How's going ,sir?」

客「I'm good, and you?」

店員「Good, thanks! What can I get for you today?」
(今日はどうなさいますか?)

客「Umm. Sorry, We’re still deciding.
(すみません、まだ決め途中です。)

店員「Sure, take your time!」
(ゆっくりで大丈夫ですよ。)

 

【ポイント➀】おもてなしの心で接客したらチップが多く貰えるかも!

f:id:Torontochantoittemashu0228:20170207232201j:image
初めてご来店された方や迷っている方がいたら、
希望を聞いてメニューの説明をしてあげると大変喜ばれますよ。

 

(続き)

 

客「Umm…Can I get a medium latte with skim milk( no fat milk) ?」
(ええっと,無脂肪牛乳を使ったミディアムサイズのカフェラテをください)

 

【ポイント②】カスタマイズされた注文がほとんどである。

f:id:Torontochantoittemashu0228:20170207232230j:image
例えば、
「ミルクの変更」「スチームミルク(カフェラテやカプチーノなどに使われる温かいミルク)の温度変更」「エスプレッソのショットやシロップやホイップクリームの追加」「ラテの泡なし」などたくさんあります。
*臨機応変に対応しましょう。たまに「ナニソレ」という意味不明な注文をする方もいて結構面白いですよ。

 

(続き)


店員「Sure! Would you like to something to eat?」
(わかりました。何かご一緒に食べ物はいかがですか?)

客「Umm…Can I get a cheese croissant?」
(チーズクロワッサンをください)

店員「Sure! Would you like to heat it up?」
(わかりました。温めしましょうか?)

客「Yes, please.」
(お願いします)

店員「Would you like for here or to go?」
(店内でお召し上がりでしょうか?それともお持ち帰りしますか?)

客「To go ,please.」
(持ち帰ります。)

店員「Is that everything for today?」
(ご注文は以上になりますか?)

客「Yes, that's it.」
(はい、それだけです)

店員「How are you paying for that?」
(どのようにお支払いしますか?)

 

【ポイント③】カナダはカード社会

f:id:Torontochantoittemashu0228:20170207232533j:image
しかし現金で支払う方もいるので、カナダ通貨を覚えないといけません。
昔はありましたが、現在のカナダには「1セントコイン」はありません。

例)四捨五入ではなくて「」か「」に近い方で計算する。
「11.03/11.04/11.06/11.07」→「11.05
「11.01/11.02/10.08/10.09」→「11.00


さて皆さんに問題です。
「Q.合計金額が$8.98の場合は何ドル請求しますか?」

 

 

 

 

 

→「A. $9.00」
お分かりいただけましたか?

 

 

(続き)

 

客「Cash, please.」
(現金でお願いします)

 

店員「7.85(seven eighty-five) please.」
(7.85ドルになります)

 

客(お金を出す)

 

店員「Would you like a receipt?」
(レシートはご利用になられますか?)

 

客「No, thanks.」
(大丈夫です)

 

店員「Thank you , Have a good one!!」
(楽しい日々を!)

 

客「You,too!」
(あなたもね!)

f:id:Torontochantoittemashu0228:20170207234416j:image

*この英会話の文章を見ていただけたら分かると思いますが、
学校で習うような難しい表現は入っていません。
シンプルかつ丁寧の接客英語で大丈夫なのです。

 

しかも海外のカフェは、
お客さんと店員さんとの距離がとても近いのでよく世間話もするので

ネイティブとの英会話力も上がりますよ

 

そして、働くのが慣れてくると「お客さんの顔」と「その人が注文するコーヒー」を暗記しなさい。
とよく同僚に言われていました。

 

お客さん側としても自分がいつも頼んでいるコーヒーを覚えてくれているカフェは非常に通いやすいですよね!!!

 f:id:Torontochantoittemashu0228:20170207232645j:image

 

『自分なんかには絶対に働けない。』

 

と思ってたそんな自分でも働けたので、

本当にやる気さえあれば誰でも働けます。

 ちなみに、

私は日本でカフェで働いた経験がありませんでした。エスプレッソマシンの使い方もコーヒーの知識も何もかも知りませんでした。

 

しかし、

海外のカフェで働くことにとても憧れていたので頑張って諦めずにレジュメを配っていたらカナダのローカルカフェで働くことができました!!

 

 

 

今回も読んでいただきありがとうございます。

ワーホリについて質問やコメントどしどしお待ちしております!遠慮せずお気楽にどうぞ!

【ワーホリ初めてのバイトは悲惨すぎた件。/仕事編その1】

今回は

ワーホリで経験した仕事の中でも悲惨すぎた

「カナダで初めてゲットしたお仕事」

について書いていきたいと思います。

➀生活に慣れてきてバイトを探し始める(2ヶ月目)

 f:id:Torontochantoittemashu0228:20170207064149j:image

カナダに渡航して二か月目に突入した私は、

迫りくる「金欠」の恐怖に脅かされるのが嫌だったので、

現地のエイジェントの方にレジュメの書き方を教わり

レジュメを完成させ、仕事を探しに街に出ました。

(仕事の詳しい探し方につきましては、

【ローカルカフェの仕事はどうやってゲットするの?in Canada】 - 大学1年トロントヒトリタビ~YOSHI'S BLOG~

こちらの記事から読めるのでチェックしてみてください。)

②レジュメを配り始めて1か月が経過。

 f:id:Torontochantoittemashu0228:20170207064006j:image

渡航する前から働きたかったローカルカフェの住所を調べ上げて

一件一件丁寧にレジュメを配っていましたが、

残念なことに、自分のレジュメに電話番号やメールアドレスが載っているのに一件も連絡が来ませんでした。自分のお金も金欠になってきて、かつ仕事を探している時間のせいで勉強もできないし、友達とも全く遊べずストレスがたまる一方でした。


そんな現状を打開するために、秘密兵器として


カナダにいる日本人向けのサイト「e-mapleカナダ」

www.e-maple.net


に頼ってみました。

(正直言えば、頼りたくはありませんでした。
なぜなら、このサイトは日本人がよく閲覧しているので必然的にここに掲載されている職場は日本人従業員が多くなるからです。)

実際にこのサイトを使ってみると、
バイト」だけじゃなくて「住居」や「おすすめのレストラン」など自分が知らない情報が書いてあったりと自分が思ってたより情報の宝庫でした。

しかし目的はバイトを探すことなので
自分に合いそうな英語を十分に活用できそうな

オシャレなタイレストラン 
英語力を生かしたいサーバーの方募集中!!まかない付きなので節約できます。」

という掲載を見つけたのでさっそくメールにレジュメを添付して送ってみました。

すると10分後に返信は届き、

「ぜひ、面接に来てください。」

と大変嬉しすぎるメールが届きました。
(通常、カナダではバイトの面接に呼ばれるのに相当な時間と苦労がいるからである)

 

③タイレストラン、いざ面接へ!!

 f:id:Torontochantoittemashu0228:20170207064340j:image

緊張しすぎて面接の時間の1時間前にはタイレストランの近くをうろうろしていました。そして面接の時間になり店内に入ると想像以上にオシャレでした。

 

「ここで働けたら最高すぎる!!」

 

と胸を躍らせながら案内された席に座ると、

奥から店長が出てきました。

店長はオリジナルのタイ人でもちろん日本語は通じません。英語で勝負です。

 

店長と握手をし面接がスタートすると、

さっきまで緊張してたのが噓かのように自分の想いを目の前の店長にぶつけてみました。

 

一通りアピールが終わり、

 

 

店長から一言。

 

 

 

 

 

店長「今日は本当に来てくれてありがとう。
しかしすまないが、君の英語力ではサーバーにはなれない。」

 

 

 

私「....(これが現実なのか...)」

 

 

 

店長「だがしかし、君の話を聞いて君を気に入った。
キッチンなら働けるがキッチンではどうかね?」

 

 

 

金欠だったので働けるならどこでも良いと思っていたので

 

 

 

私「はい。よろしくお願いします。」

 

 

 

となんやかんや職務は違えど、
タイレストランでキッチンで働くことになったのである。

④タイレストラン勤務初日

f:id:Torontochantoittemashu0228:20170207064406j:image

次の日の朝に、
店に行くと店長がキッチンに連れてってくれてエプロンを貸してくれました。

店内の説明が一通り終わった後に

自分がこれからお世話になる先輩を紹介してくれ、後はその人から教わるようにと言われました。

 

それが『地獄の始まだったのです。

 

なんと仕事を教えてくれる方はここで1年以上働いている日本人でした。

 

そして説明は『日本語』へと変わり、

どうやら自分の職務は『ディッシュウォッシャー』のようです。

 

仕事はシンプルで皿がたまってきたら皿を洗って拭いて元の位置に戻すだけ。

それ以外の仕事はキッチンの手伝いでした。

初日は

約2000匹のエビ』が入ったバケツを渡され

狭い個室で一人エビの皮を剥くのです。

しかもそこでは福山雅治のラジオが永遠と流れていました。


いつのまにかレストランが閉店し皿が大量に流れ込んできました。

ディッシュウォッシャーの私がはやめに仕事を終わらせないと店の鍵を持っている他の従業員は家に帰れないのです。なのでみんなを待たせていました。

 

帰りの電車は先輩の日本人の方と一緒になり

f:id:Torontochantoittemashu0228:20170207064449j:image

当然のごとく

お前は皿を洗うのが遅すぎる。」

と説教されました。

 

⑤そして、何かの違和感に気づく。

f:id:Torontochantoittemashu0228:20170207064659j:image 

勤務二日目もやることは同じでした。

 

 

日本人の先輩に「日本語」で指導されながら、

皿を洗い福山雅治「日本語」聴きながら個室一人でエビの皮を剥き

帰りの電車で先輩に「日本語」で説教される。

 

 

 

.....................................。。。

 

(心の叫び=自問自答

 

あの、ここはどこですか?

 

何のために私はここで働いているんですか?

 

お金を得るために、
日本語環境のもと英語を一切使わず一人で地味な仕事をして何の役に立つんですか?

 

もう一度思い出せ!馬鹿野郎!
どうしてお前が高い金を払ってまでも、

カナダにワーホリビザで来た理由を!!

 

カナダにいるのに、

日本語環境の職場で英語を使わないで給料をもらうなんて、

そんなの絶対に嫌だ。

 

 

 

 f:id:Torontochantoittemashu0228:20170207064428j:image

 

 

そして、

急ですが勤務二日目の夜に店長に

メールをして辞めました。

 

 

 

ここでのバイトは良い意味で、

 

『どうして自分がここにいるのか』

 

深く考えさせられる良いきっかけとなりました。

 

 

これからワーホリ行く方も現在バイトを探している方も、

 

『自分がどうしてここで働きたいのか』

 

じっくりと考えた方があとで後悔しないワーホリになると思います。

 

 

いつも読んでいただきありがとうございます!

【人生に一度は経験したいファームステイを経験したよ(滞在期間:1週間)/住居その5】

【10ヶ月目「ファームステイ」滞在期間:1週間】

f:id:Torontochantoittemashu0228:20170205151145j:image

ファームステイ一覧が掲載されているサイトで見つけた平均気温マイナス30度の極寒の地ユーコン準州にて1週間だけのファームステイをしてきました。

 

(家族構成:父「ファームの主」、母「週に一度しか農場に来ない」、息子「学校に通っているために農場に来ない」、ベラ「17歳ドイツ人女性で自分と同様ファームステイ目的」、ジョナサン「18歳ドイツ人男性で同じくファームステイ目的」)

 

(ファームの場所:
ユーコン準州のホワイトホース市から北に車で5時間かかる雪山を超えた一軒家。家の近くには人は誰一人住んでおらず、店もありません。) 
 
「Qファームステイとは何ですか?」 
 
ファームステイとは、
農場で働く代わりに農家の方が住居と食料を提供してくれます。

給料は発生しませんがお金も使いません。

 f:id:Torontochantoittemashu0228:20170205151201j:image

*メリット
・農場で動物の世話や機械の修理などの今までにしたことがない人生初の経験ができる。
・完全英語環境。
・自分の他にもウーファーと呼ばれる他の国から働きに来ている人たちと友達になれる。
・先祖代々引き継がれてきた農場の歴史や農家の貴重な話を聞ける。
・農場で働きながら夜になるとオーロラが見える(外の気温がマイナス30度のため)
 
(自分の場合は、

今までに農場で働いたことがなかったのでファームステイでした全ての仕事が人生初めてでした。

自分が農場でしたことは、
・鶏、馬、牛の世話(卵チェック、エサ、フン処理など)
・かまどで火をたく(外にいる牛の飲み場を凍らせないように)
・スノーマシンの修理

などです。

もう全部英語で説明されて最初は仕事に慣れませんでしたが毎日こなすことで慣れていきました。
二人のドイツ人は自分よりも若かったのですが、トラクターやスノーマシンを積極的に操作していたり、彼らの夢や人生話を聞いていてとても刺激されていました。

何より完全英語環境だったので英語力がぐんぐんと伸びていきました。)
 f:id:Torontochantoittemashu0228:20170205151244j:image


*デメリット
・ファームステイのルールが厳しい場合がある。
・ファームステイ先が自分が想像していたことと違う場合がある。
・田舎のファームステイ先は都会の人に比べて英語に訛りや話すスピードがとてもはやくて聞き取れない場合がある。

 

(自分の場合は、
自分がファームステイを一週間で終わった理由としてこれらのデメリットが強く関係していました。

 

『自分のファームステイ先のルール』

・節電、節水を心掛ける。
・シャワー、洗濯は週に一回。(節水のため)
・無線wifiはなく有線wifiが繋がっているパソコンは週に一回使用可能。
・トイレ使用時に小便をしたときは流してはいけない(節水のため)
・仕事、料理、掃除全て手分けしてやる。
などがありました。


普通の生活からかけ離れたど田舎での生活は自分にとって少し厳しいものがありました。それに自分だけ英語を聞き取ることができず劣等感さえ覚えていました。しかし諦めず積極的に話に参加したりこの環境を好もうと努めましたがそれが裏目に出てストレスをたくさんかかえてしまい、一週間でそのファームを去りました。)

 
自分の10ヶ月留学の住居はこんな感じでした。
自分で探し出した「住居」
決して見つけるのは楽ではありませんでした。
しかし、様々な環境で生活し適応し、様々な人々に出会い、たくさんの刺激や学びがあり渡航する前に比べてだいぶ成長したと思います。
現在は日本に帰国して一ヶ月経ちました。
自分の留学生活のフィードバックをしているところです。

渡航前の自分が思い出せないのでこうやって留学で自分が行ったことを文字化してみました。それと同時に今後ワーホリや留学に行く人たちの役に立てれば幸いと思います。
 
これからも留学のまとめの記事を更新していくのでよろしくお願いします。

 

住居編終了。