Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

【後悔しないためのワーホリとは。DAY25】

毎日の留学生活記録 ワーキングホリデーについて考えたこと

✳︎この記事はとても「偏見」が入っています。
そして私の主観、意見で書いています。
よろしくお願いします。










私は

海外で働ける特殊なビザ

ワーキングホリデービザを持っている。



日本のエイジェントさんも言っていたし
まずは日本食レストランで働くことにした。

最初は仕事を覚えることに苦労したが日本食レストランにはもちろん日本人がおり何もかも優しく教えてくれた。日が経つことに仕事も慣れていきバイト仲間とも仲良くなっていた。

語学学校が終わるとすぐバイトへ行く毎日。
日本で長期間バイトしたことなかった私にとってとてもきつかったがカナダに来てからバイトを頑張れている自分を誇りに思った。

カナダは日本より時給が高くお金も貯まる一方。一緒に旅行に行く友達もでき何もかもが充実していた。

そして半年の月日が過ぎ、
海外にせっかくいるのだし英語環境で働きたいと思い、いろんなところに面接に行った。

しかし英語力の問題で落とされる。
そしてまた日本食レストランに戻った。
やっぱり日本食レストランは居心地がよかった。自分にとって最高な場所であった。
たくさんお金も貯まったので、カナダからはとても近い、アメリカや南米へ旅行に行った。見たこともない景色ばかりで本当に来てよかったと思った。

そしてあっという間に帰国の日がきた。

帰国して
友達にいろんな旅行の話をすることができてとても気持ちよかった。
そして英語のテストを受けてみた。

しかし、
たいして英語力は上がっていなかった。
上がっていたのはリスニングだけだった。
自分はとても後悔した。泣き叫んだ。
なんでカナダにいるのに日本食レストランでバイトしてしまったのだろうと。もっと旅行せずに図書館で勉強しておけばよかった。もっと外国人と英語を話しておけばよかったと。


そして、
もうすぐ1ヶ月になるまだバイトもしていない
2016年3月23日に帰ってきた。
私は思った。
まずは仕事よりも先に英語力を身につけよう。2週間に1度あるテストで進級も出来ていないのにバイトを始めるなんておかしすぎる。まずは進級テストで合格しない限りバイトは探さない。お金がなくなって生きれなくなるのなら自分を責めろ。自分が英語を勉強していないからだ。

そして、
ワーホリを考えている人にアドバイスをしたい。

英語環境で働ける英語力がなくて、1年間のワーホリビザのみの場合はあとで後悔する人がほとんどだと思う。
自分がベストだと思うのは、
まず1年間学生ビザでしっかり英語を身につけてから、そのあと2年目にワーホリビザで英語環境で働く方が絶対良いと思う。
1年間で英語力を身につけて英語環境で働くなんて至難の技。
1年間のワーホリビザで来ている日本人の目的は

「英語力を伸ばしたい」ではなく、
「海外で働いてみたい」がほとんどだと思う。

けれど自分があった携帯会社の日本人も美容師さんも「海外で働く目的」で来ている。
美容師さんは特に元から他の人よりも優れている技を兼ねそなえてからカナダに来ている。

だから後悔はしないと思う。


自分の目的を1からしっかりと考えてみた。
最終目的は
もちろん「海外で働くこと」である。

しかし、

日本語を使って海外で働くことではない。
私は「英語」を使って海外で働きたいのだ。

ならば、

「どうすればいい?」

ワーホリビザで半年間しか通えない語学学校でしっかり英語を勉強して英語環境で働ける英語力まで伸ばすこと。


確かにビザが半年きると、
働き場所が一気になくなるよ。
とエイジェントさんに言われたけど、


まだこれから勉強していけば大丈夫。


1日1日を大切にするために、
毎日どこかに旅行に行って充実させるのもいいけど、

俺の目的はあくまで

「英語力を伸ばすこと」

ならば、

「なぜ学生ビザにしなかった?」

と言われるかもしれないが、
その理由は

「海外で英語を使って働いてみたかったから」

これを書いて、
自分のモヤモヤが少し溶けた。

ワーホリはしっかり考えないと難しすぎる。

これから三連休は仕事探しと言ったけど、
やっぱり勉強する。
周りが英語話せるのに自分だけ英語話せないのは何だか悔しい。
がんばれ!おれ!!

at Toronto Library
2016/3/23