Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

【ワーホリ初めてのバイトは悲惨すぎた件。/仕事編その1】

ワーホリの仕事について

今回は

ワーホリで経験した仕事の中でも悲惨すぎた

「カナダで初めてゲットしたお仕事」

について書いていきたいと思います。

➀生活に慣れてきてバイトを探し始める(2ヶ月目)

 f:id:Torontochantoittemashu0228:20170207064149j:image

カナダに渡航して二か月目に突入した私は、

迫りくる「金欠」の恐怖に脅かされるのが嫌だったので、

現地のエイジェントの方にレジュメの書き方を教わり

レジュメを完成させ、仕事を探しに街に出ました。

(仕事の詳しい探し方につきましては、

【ローカルカフェの仕事はどうやってゲットするの?in Canada】 - 大学1年トロントヒトリタビ~YOSHI'S BLOG~

こちらの記事から読めるのでチェックしてみてください。)

②レジュメを配り始めて1か月が経過。

 f:id:Torontochantoittemashu0228:20170207064006j:image

渡航する前から働きたかったローカルカフェの住所を調べ上げて

一件一件丁寧にレジュメを配っていましたが、

残念なことに、自分のレジュメに電話番号やメールアドレスが載っているのに一件も連絡が来ませんでした。自分のお金も金欠になってきて、かつ仕事を探している時間のせいで勉強もできないし、友達とも全く遊べずストレスがたまる一方でした。


そんな現状を打開するために、秘密兵器として


カナダにいる日本人向けのサイト「e-mapleカナダ」

www.e-maple.net


に頼ってみました。

(正直言えば、頼りたくはありませんでした。
なぜなら、このサイトは日本人がよく閲覧しているので必然的にここに掲載されている職場は日本人従業員が多くなるからです。)

実際にこのサイトを使ってみると、
バイト」だけじゃなくて「住居」や「おすすめのレストラン」など自分が知らない情報が書いてあったりと自分が思ってたより情報の宝庫でした。

しかし目的はバイトを探すことなので
自分に合いそうな英語を十分に活用できそうな

オシャレなタイレストラン 
英語力を生かしたいサーバーの方募集中!!まかない付きなので節約できます。」

という掲載を見つけたのでさっそくメールにレジュメを添付して送ってみました。

すると10分後に返信は届き、

「ぜひ、面接に来てください。」

と大変嬉しすぎるメールが届きました。
(通常、カナダではバイトの面接に呼ばれるのに相当な時間と苦労がいるからである)

 

③タイレストラン、いざ面接へ!!

 f:id:Torontochantoittemashu0228:20170207064340j:image

緊張しすぎて面接の時間の1時間前にはタイレストランの近くをうろうろしていました。そして面接の時間になり店内に入ると想像以上にオシャレでした。

 

「ここで働けたら最高すぎる!!」

 

と胸を躍らせながら案内された席に座ると、

奥から店長が出てきました。

店長はオリジナルのタイ人でもちろん日本語は通じません。英語で勝負です。

 

店長と握手をし面接がスタートすると、

さっきまで緊張してたのが噓かのように自分の想いを目の前の店長にぶつけてみました。

 

一通りアピールが終わり、

 

 

店長から一言。

 

 

 

 

 

店長「今日は本当に来てくれてありがとう。
しかしすまないが、君の英語力ではサーバーにはなれない。」

 

 

 

私「....(これが現実なのか...)」

 

 

 

店長「だがしかし、君の話を聞いて君を気に入った。
キッチンなら働けるがキッチンではどうかね?」

 

 

 

金欠だったので働けるならどこでも良いと思っていたので

 

 

 

私「はい。よろしくお願いします。」

 

 

 

となんやかんや職務は違えど、
タイレストランでキッチンで働くことになったのである。

④タイレストラン勤務初日

f:id:Torontochantoittemashu0228:20170207064406j:image

次の日の朝に、
店に行くと店長がキッチンに連れてってくれてエプロンを貸してくれました。

店内の説明が一通り終わった後に

自分がこれからお世話になる先輩を紹介してくれ、後はその人から教わるようにと言われました。

 

それが『地獄の始まだったのです。

 

なんと仕事を教えてくれる方はここで1年以上働いている日本人でした。

 

そして説明は『日本語』へと変わり、

どうやら自分の職務は『ディッシュウォッシャー』のようです。

 

仕事はシンプルで皿がたまってきたら皿を洗って拭いて元の位置に戻すだけ。

それ以外の仕事はキッチンの手伝いでした。

初日は

約2000匹のエビ』が入ったバケツを渡され

狭い個室で一人エビの皮を剥くのです。

しかもそこでは福山雅治のラジオが永遠と流れていました。


いつのまにかレストランが閉店し皿が大量に流れ込んできました。

ディッシュウォッシャーの私がはやめに仕事を終わらせないと店の鍵を持っている他の従業員は家に帰れないのです。なのでみんなを待たせていました。

 

帰りの電車は先輩の日本人の方と一緒になり

f:id:Torontochantoittemashu0228:20170207064449j:image

当然のごとく

お前は皿を洗うのが遅すぎる。」

と説教されました。

 

⑤そして、何かの違和感に気づく。

f:id:Torontochantoittemashu0228:20170207064659j:image 

勤務二日目もやることは同じでした。

 

 

日本人の先輩に「日本語」で指導されながら、

皿を洗い福山雅治「日本語」聴きながら個室一人でエビの皮を剥き

帰りの電車で先輩に「日本語」で説教される。

 

 

 

.....................................。。。

 

(心の叫び=自問自答

 

あの、ここはどこですか?

 

何のために私はここで働いているんですか?

 

お金を得るために、
日本語環境のもと英語を一切使わず一人で地味な仕事をして何の役に立つんですか?

 

もう一度思い出せ!馬鹿野郎!
どうしてお前が高い金を払ってまでも、

カナダにワーホリビザで来た理由を!!

 

カナダにいるのに、

日本語環境の職場で英語を使わないで給料をもらうなんて、

そんなの絶対に嫌だ。

 

 

 

 f:id:Torontochantoittemashu0228:20170207064428j:image

 

 

そして、

急ですが勤務二日目の夜に店長に

メールをして辞めました。

 

 

 

ここでのバイトは良い意味で、

 

『どうして自分がここにいるのか』

 

深く考えさせられる良いきっかけとなりました。

 

 

これからワーホリ行く方も現在バイトを探している方も、

 

『自分がどうしてここで働きたいのか』

 

じっくりと考えた方があとで後悔しないワーホリになると思います。

 

 

いつも読んでいただきありがとうございます!