Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

【私は諦めない。DAY61&62】

毎日の留学生活記録 ワーホリの仕事について

どうも!こんばんわ!トロントに02/28に着いたので、

三か月目に突入してしまいました。

 

今までの二か月間何をしてたんだろうと考えてました。

 

1か月目。

「ホームステイに感動。」

「語学学校のテスト最下位からのスタート。」

「他国の友達ができた。」

 

2か月目

「恋の撃沈。」

「初めてのボランティアに参戦。」

「バスで知らない人に話しかける。」

「レジュメを作りバイト探しを始める」

 

二か月間終了......

 

そうなんです。

この二か月間これといったことをしてないんです.......

 

別に毎日をごろごろと過ごしてたわけではない。

日本人といたわけでもない。

 

ワーホリビザで今だ働いていない....

というか採用されない....

 

「なんでだろう。」

 

と考えてたら、

 

分かったことがありました。

 

それは、

 

問題①「語学学校に通っていること」

平日の「AM8:30~PM3:30」は働けないのです。

たぶん店長からしたら学校終わったらバイトを探しにまた来てね。

って感じだと思います。

 

この時間がひっかかっているのかわかりませんが、

レジュメを20件以上にダイレクトで渡している(時間が合わなくて店長に渡せれていない。)のですが一つも電話がかかってきません。

 

問題②「直接店長に渡せれていない。」

店長は

たいてい平日の朝から昼過ぎに店にいるみたいでレジュメを渡せれていないのです。

会えた!と思って話しかけても「今は募集していないよ」と言われました。

 

問題③「レジュメが悪い?」

面接に呼ばれるかどうかは、

レジュメ次第なのです。なので最初に作ったレジュメはエイジェントに添削してもらいました。それでやっていたのですが、どうも面接に呼ばれない。なので、語学学校の先生に見せたら「改めて直されました」今度こそと思って現在、バイト探しを頑張っています。

 

「大事なこと」

 

*店員の「店長に渡しとくね。」は信用できない。

*経験ないと雇ってくれないところがある。

*行動はすぐするべし。

 

 

 

 

 

さぁさぁ、

三か月目はどんな日々を過ごしていこうか。

とりあえず今よりも

「バイト探しに力を入れる」「レジュメを見直す」「毎日の授業の復習も欠かさない。」

 

やることはたくさんある。

休んでる暇なんてない。

帰国するまで、残り「278日」。

 

さぁ、これからも全力疾走。

後悔しないためにやりたいこと全部やる。

挑戦してできなかったらそれもまた「経験」となる。

 

とりあえず、

 

はやく起きて家を出て「たくさん英語を話そう。」

三か月目はジャパレスも視野に入れて頑張ろう。

 

やるしかない。やっているけれど。継続させることに意味がある。