Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

【完全日本語環境ゲストハウスに滞在して見えたものとは(滞在期間:1か月間)/住居その3】

様々な住居のメリット・デメリット

【8ヶ月目「日本人ゲストハウス」滞在期間:1か月間】

f:id:Torontochantoittemashu0228:20170205150325j:image
日本人向けのサイトで見つけた日本人ゲストハウスに一か月間滞在していました。 

「Qどうして日本人ゲストハウスへ?」

今までは日本人を避けていましたが、帰国が近づいてきており日本人のネットワークを広げたいと思い、思い切ってカナダの日本人コミュニティに飛び込んでみました。 
 
(簡単な説明:
一部屋3~4人のドミトリーでキッチン、トイレ、リビング全てが共用スペース。
6人日本人男性、7人日本人女性の合計13人でワンフロアのみのゲストハウスに住んでいました。)
 
*メリット
・日本全国各地の友達ができる
・ワーホリの悩みや意見交換ができる
・世代を超えた友達ができる
・共用スペースのリビングで飲み会や語り会が毎晩開かれていたので帰宅するのが楽しみになっていた。(シェアハウスでは少し孤独に感じていたため。) 
 
 
(自分が実際に泊まってみて感じたことは、

トロントにいろんな目的や夢を持って来ている人達、また年齢、性別が違っても同じ家に住むことで分かち合えて、だんだんと仲良くなり今でも連絡を取っています。ほとんどの方が年上の方だったのでその人達から貴重な話や今までの人生、留学について語りました。
海外に留学する人にとって海外で日本人と仲良くするのは抵抗ある人は少なくないと思います。私もその一人でした。しかし留学中に留学の有り難さに気づかされたり、他の日本人のワーホリ生活を聞いてよい刺激となったのでその場にいて後悔はしていません。)
 

 f:id:Torontochantoittemashu0228:20170205150522j:image
*デメリット
・プライベートスペースがないためストレスがたまりやすい。
・全てが共用スペースなので同居人と仲良くなりやすく日本語をよく話してしまう。
 
 
(自分が実際に泊まってみて思うことは、

トロント滞在歴が短い人は日本人ゲストハウスに泊まることを強くお勧めしません

なぜなら到着したての時の方が英語学習に対するモチベーションが非常に高いからです。 

それに留学の初期にできた友達はその後の留学生活でも関わっていくことになるので悪循環に陥りやすいです。(あくまで自分の推測)

自分が一番怖いと感じてしまった最悪の事態は、 

到着したてに日本人ゲストハウスに泊まり英語を話さず日本語ばかりを話してしまい、職場も日本人の紹介で日本食レストランに働くことになりそこでも日本語を話しいつのまにか帰国の日になり日本に帰国してしまうワーホリのケースがとても多い

と日本人ゲストハウスのオーナーさんが言っていました。 
 
自分は、住居は楽な日本人と住んでいましたが、職場は日本人が誰一人いないレストランやローカルカフェで働いていたためカナダで日本語漬けの恐怖には陥りませんでした。海外留学行く人は十分にお気をつけください。

 

また「テラスハウスin Canada」の記事もありますので、

ついでに、読んでみてください!!

torontochantoittemashu0228.hatenadiary.jp


本当にいつもご愛読ありがとうございます!!