Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

【韓国人と一緒にいて思ったこと。DAY20】

昨日は、

ランチタイムに チリ出身のCamilaが 「UNO」ならぬ「UM」を持っていて、 クラスメイトと一緒に遊びました。 ルールはUNOとほぼ同じでしたが、 各国によって違うのでまたそれも面白かった笑

「ゲームはやっぱり世界共通で楽しめるからいいね!」

あ、ここで少しだけカナダの良いところを急に紹介。 本当にいろんな人がいるから、

「いろんな国の文化や言語を学べる。」

クラスメイトのスペイン出身のAugustinは7ヶ国語の挨拶を知っている笑

俺は最近、 スペイン語を教わったよ笑 オラ!チャオ!グラシアス! とか笑

そして話は戻り、

授業が終わり普通に帰ろうとしてたら、

「いや、待てよ。ここで帰っていいのか。 クラスメイトを誰か誘ってどこかにいこう。」

と考えて、 教室に向かっていたら、

クラスメイトに会い、

「どこに行くのー?」

と話しかけてみたら、

「カサロマに行くよ!よっしーも一緒に行く?」

と言われて、

「うん!!!行きたい!!!!」

となり一緒にカサロマに行くことになりました。

みなさん、 カーサ・ロマを知っていますか?

カーサ・ロマ(Cass Loma) 小高い丘の上に立つカサロマは、カナダ陸軍の将校にしてナイアガラの滝の水力発電で富を気付いたヘンリー・ミル・ペラット(Henry Mill Pellatt)の邸宅として建造された。 外観から細部に至るまで豪華な屋敷なのだが室内プールだけが未完成になっている。これは建設費が負担となったヘンリー・ミル・ペラットが1923年に破産してしまったため。氏がここに住んだのは、わずか10年足らずのことであった。(地球の歩き方より引用)

今回は、 中には入っていませんが、 この屋敷の庭でジャッキー・チェンの映画タキシードの撮影が行われたり 屋敷の中のお部屋オークルームが 映画のX-MENの撮影に使われていたそうです。

またお金たまったらリベンジしよう!!笑

そうそう。 ここからが本題。

韓国人と一緒にカサロマに行ったので、 ベンチに座っていろいろと話しました。 韓国と日本の関係など。

ある韓国人は 日本の文化や食べ物や人は好きだけど、日本政府は嫌い。なぜなら竹島問題で謝っていないから。 他の韓国人も同じ意見。 と言ってました。

難しい問題ですよね。 この問題はこれからも先話し合われていくのであろう…

海外に来るとわかるよ。 韓国人の優しさというのか頼りやすさが笑 日本人と1番馬が合うのは、韓国人だと思う。 なんかね圧倒的に話しやすいから笑

へへへ笑 もっと世界が平和になりますように。 みんな気持ちは似てるのかもしれないね。 心にひっかかるのは国家間の問題。 時間かけて少しずつ解決へと導いていきたいね。