Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

【Thank you for my host family/DAY55&56】

毎日の留学生活記録

昨日はホームステイ最後の日でした。

ここのホームステイ先では、
思い返してみるといろんなことがありましたね。

家に帰ったらホストファミリーではない人が2人もいてびっくりしたり、
(のちにホストドウターの彼氏だとわかった。)
リビングで映画の音が聞こえたから、
行ってみるとホストドウターと彼氏が体を絡ませてイチャイチャしながら見てたり、
このカップルは、
平気で俺の前でキスをするからもうやばかったですね(笑)

毎週水曜日にはホストファミリーと一緒にキックボクシングエクササイズしたり毎回毎回筋肉痛。楽しかった!

通学時間も学校までおよそ1時間。笑
家からバス停まで約20分
バス停から駅まで約20分
駅から学校まで約20分

もぉ、とおおおおおおおおい。笑

実はこの2ヶ月の間に、
ホームシック。
日本に帰りたいと思った時もありました。笑

けど、
ホストファミリーの優しさ。ぬくもりにより、そのホームシックもなくなっていきました(笑)


そんなホームステイも
今日が最後。

家に帰ってみると、

家の中が真っ暗!!

もしやこれは、
Faewell partyでも開いてくれるのかなー。
サプライズとかしてくれるのかなー。

とか妄想しながら家に帰ってきたけど、

ただ暗かっただけ(笑)
リビングで相変わらずカップルがイチャイチャしてるだけでした(笑)

今日のディナーは、

じゃじゃんこれ!!!

KFCだから
少しだけいつもよりスペシャルだな。
と感じた(笑)(笑)

自分の荷物をまとめていると、

なんだか日本に帰りみたいで悲しくなったなぁ。最初は聞き取れなかったフィリピン英語。

けど今や聞き取れるようになった!!

進歩したぜ笑笑

そして、

引っ越しの当日。

起きると、

「よっしー何時に出るの?」

と言われ、

「AM10:30だよー。」と。



なんと、
新しくここに住む日本人の生徒が
今日のPM4:00に到着するらしい。笑

ここのホームステイは人気なのかな笑笑

騒がしいぜ笑

感謝の気持ちを伝えたかったけど、
家にいるのはホストファザーのみ。

だから、
ホストファザーに


「Thank you for everything!
I had great time at your house!!
Thank you very much!!」

と伝え、日本のお菓子をあげました笑

じゃじゃーん!!


ありがとう。
トロントのホストファミリー。
第2の家族。
フィリピン人のホストファミリーだったから、
フィリピンの料理、文化、事情、語学、番組。
いろいろと知れました。
最初はフィリピン語しか話してなくて嫌だなぁと思ってたけど、その壁を自分で破壊してからは楽しくなったぜ。

嫌な思い出。
寂しい思い出。
楽しい思い出。

いろいろあったけど、
ここで「成長」できたのは確かだ。

よっしーは、

また新しい世界に行きます!!!!

さぁ、
初めてのシェアハウスへ!!!!

Let's Go!!!!!!