【東京で働くことに魅力を感じていたが】

みなさん。こんにちは!こんばんわ!

よっしーです。

 

2月5日から9日まで東京で就活をしていました。

また、明後日から東京に行きますが(笑)

 

地方就活生として日本の大都会の東京にすごく憧れていましたが、その憧れがなくなってきました。

 

「どうして、憧れていのか?」

「どうして、なくなってきたのか?」

の2本立てで書いていこうと思います。

 

『どうして東京に憧れていたの?』


f:id:Torontochantoittemashu0228:20190210162438j:image

その理由として、

・刺激がたくさんありそう。

・有名人に会えそう。

・海外の人が多そう

・情報の量が多い。

・最先端技術がたくさんある。

・東京の頭いい大学の人と働いてみたい。

・東京で働いているというブランドへの憧れ。

・経済を回しているから、自分の成長もはやそう。

・友達がたくさんできそう。

・やりたいことが見つかりそう。...などなど。

 

箇条書きに書いてみたらたくさん出てきました。

これをまとめてみると、

①刺激(情報、機会、お金、モノ)

②ブランド(東京という)

の2つになりました。

 

①刺激(情報、機会、お金、モノ)

東京で働くことができれば、多くの情報、機会、給料、テクノロジーに恵まれるのではないかと思っています。

地方就活生となると、最先端技術を持った企業や今どきのカルチャーをもった会社にとても憧れます。さらに、地方を出て東京で働くことで上京して多くのことを学べるのではないかと思っています。刺激がたくさんある環境に身を置くことで、何度でも人生を見直すことができるのではないかと思っています。

 

②ブランド(東京という)

僕の場合はもしかしたら、こちらのほうが強いかもしれません。出身地も今、住んでいるところが愛知県の僕は、「親からはやく自立したい。」と強く思っていて、周りの目を気にするタイプのため、東京でイケてる会社で働きたいと思っていました。そうしたら、同窓会とかで話したときに胸を張って言えるのではないかと思っています。

 

「どうして、東京への憧れがなくなってきたのか?」


f:id:Torontochantoittemashu0228:20190210162324j:image

①物価の高さ

上記のようなあこがれを持っていて、就活をしていたら、お金をあまり持っていない大学生なのか、物価の高さに目が行くようになりました。

 

東京は、交通費は圧倒的に安いが、それ以外がかなり高いです。例えば、レストランでご飯を食べるときも基本的に1000円を超えてきます。節約しないとやっていけないと思いました。

 

②人の多さ

都会だからしょうがないのかもしれませんが、人が多すぎてカフェは座れないし、マックは行列。満員電車は当たり前。もう、ストレスを貯めるような環境が出揃っていました。

仕事をしていたら確かにストレスをためますが、それを発散できるような環境に身を置くことで、メリハリのついた生活がおくれるのではないかと思いました。

 

③誘惑の多さ

少し物価の高さとかぶるところもありますが、東京には「誘惑」が多すぎます(笑)

欲に弱い僕はお金があればすぐに使ってしまうと思いました。幸運なことに学生だからあまりお金を持っておらず、あんまり使いませんが(笑)

 

もし、社会人になって定期的に収入を得てくると、稼いだ分だけ使ってしまうような気がしました。それでは、働いてお金をいただく意味があまりないような気がして、時間を無駄にしてるんじゃないかと深く考えてきました。

 

 

だから、今のところは

東京への憧れは低くなってきました。 

働くのではなくて、観光なら嬉しいのですが……



f:id:Torontochantoittemashu0228:20190210162502j:image

(笑)

【就活シリーズ】知るカフェに行っちゃう理由

こんちゃっす。よっしーです。


はやいもので、今日から定期試験が始まったのです。僕はなかったので家でテスト勉強をしていましたが(笑)


僕はいつもテスト勉強をするときに、
必ずとあるカフェに行きます。  


それは、、、

大学生なら完全無料の○○カフェ

なんと、大学生なら完全無料でドリンク飲み放題(90分ごと)でコンセント、Wi-Fi使い放題の天国のカフェが存在するんです。



f:id:Torontochantoittemashu0228:20190117005210j:image


その名は、知るカフェ。

知るカフェとは

知るカフェ(しるカフェ)は、
株式会社エンリッションが日本で展開する大学生向けの喫茶店チェーン。企業スポンサーからの支援を受けて、大学生(30歳以下に限る)に無料で飲料を提供し、就職活動に関する情報提供やセミナー等を行っている。2017年4月現在、国内の1都2府4県に13店舗、インドに1店舗を展開する。
Wikipedia参照)


図書館でも家でもなく、どうしてこの知るカフェでテスト勉強をしちゃうのか。
 
もしかしたら、理想の労働環境なんじゃね!?
 
と思ったので深堀りしていこうと思います。


どどん!!)

よっしーが知るカフェでテスト勉強しちゃう理由

その①「学生限定のスナックみたいな場所」

なんと知るカフェの店員さんは美男美女が多くて、フレンドリーに話しかけてくれるんです。
例えば、学生証を見せてコーヒーを頼むときも
「○○大学から来たんですね!遠くなかったですか?」
みたいな。
めっちゃフレンドリーに話しかけてくれるから、すぐ友達になってコーヒー待ち中に相談聞いてもらうみたいな。
これは、もしかしたら「知るカフェあるある」かもしれません。
ってことは、あれ、
学生限定のスナックじゃね。みたいな(笑)


(スナックは行ったことないですが、本やドラマのイメージで笑)

いつでも相談できる場所があると、人生に疲れたときに回復しにいけるのです。
なくてはならない場所なんです!!実は。

 

その②「留学生が多くて英語が飛び交って留学時代を思い出す」

知るカフェは、完全無料のため留学生にとって味方であり、居場所でもあるのです。そのため、1度足を踏み入れると、そこはまるでニューヨーク。主に英語が飛び交うがたまにヒンディー語も飛び交う。
「あれ?ここは海外のカフェなのか?」
と錯覚するような留学時代を思い出すカフェなんです。


f:id:Torontochantoittemashu0228:20190117003749j:image

けど、どうしてこの環境が僕の刺激になっているかというと、


日本語ではない他の言語を聞くことで新たな可能性を感じることができるのです。


「もし英語が話せたら、今までできなかったことができるようになる!」


その可能性にとてもワクワクするのです。
 
しかし、実態が期待感を下回ることもあるのです。例えば、留学ってとってもワクワクしてたけど、実際に留学して、ある期間が経つと、

「あれ?こんなんだったけ?」
となってしまうことがありました。

 

見えないワクワクにチャレンジすることは、楽しいのですが、その先が見えてしまうと
「あっ、答え見てしまった。」
と思って、一気にやる気をなくしてしまうんです…


就活においては、いけないことですが(笑)

その③「カフェの設備・場所」

最後は、知るカフェの設備と場所ですね。
カフェでバイトしてからコーヒー中毒の僕は、ほぼ毎日コーヒーを飲んでるわけですが、コーヒー飲み放題となるととっても嬉しいわけです。
さらに、90分経つと別のメニューも頼める。
飽き性でもあるので、もう最高なシステムなわけです(笑)


また、カフェの中は木に囲まれたイメージでリラックスした気分になれるのです!

トイレもめっちゃ綺麗だし(笑)

 

まとめ

知るカフェは、僕にとって
「森の中のグローバルスナック」
なのです!!


もう、比喩表現しすぎて意味がわからないと思いますが、僕にとって最高なパフォーマンスが出せる環境なのです!