Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

【ワーホリの方必見!海外のカフェで働くにはどうすればいいの?/仕事編その5】

ワーホリの仕事について

こんちは、よっしーです。

海外にワーホリで渡航してカフェで働きたい方は多いはずです。

 

そんな人のために、

 

トロントの有名なローカルカフェの一つの

『SECOND CUP』

f:id:Torontochantoittemashu0228:20170227235352j:image

で約半年間働いていたので 、

どうやってその仕事をゲットしたのか特別に紹介したいと思います!


 
 
【①レジュメ(履歴書)作成】

f:id:Torontochantoittemashu0228:20170211124007j:image
 カナダではレジュメを全部一から自分で構成を考え作成します。

「レジュメの書き方」は現地のエイジェントの方が教えてくれます。

しかも語学学校に行ってる方はネイティブの先生やインターネットで検索したらたくさん出てくるのでそれを頼りにオリジナルのレジュメを作成しましょう。
 
レジュメを作らないと何も始まりません。
 
 
私の場合も

現地のエイジェントの人や語学学校の先生に添削をお願いし、

レジュメを何十回も作り直しました。
 

レジュメを作成し配り歩き電話がかかってこなかったら、

 

レジュメを見直し訂正してまた配り歩きまた何の連絡もなかったら、

 

レジュメを再度見直して訂正してまた諦めず配り歩きました。

 

この繰り返しでした笑

 
 
【②レジュメを職場に配る。】
 
 

f:id:Torontochantoittemashu0228:20170211124056j:image
 
結構驚かれたりするんですが、
ワーホリの主な仕事の探し方は、


 
『直接、店に行きレジュメを手渡すのです。』
 
ネットなどの応募もありますが、
80%の確率で返信は来ませんよ笑
 
これが、
最初はとっても緊張するんですよね笑
 
 
私の場合は、カフェだったので、
コーヒー頼むわけでもなく、列に並び、
レジで「あの、バイト募集してますか?」
と聞くのです!
 

 

『レジュメを配る時に私が意識していたこと<重要>』

 f:id:Torontochantoittemashu0228:20170211124121j:image

 
➀『なるべくマネージャーに渡す。』
 
②『お客さんがあまりいなかったら、店員と会話をして印象づけをする。』
 
③『一度行った店にもう一度行ってみる。』
 
 
最初の
『なるべくマネージャーに渡す』

とは、
圧倒的にマネージャーに直接渡した方が受かる確率は200%ぐらい上がります
 
しかし、それがまた難しいんです。
 
私の場合、
カフェのマネージャーは基本朝にいることが多いのですが、朝は語学学校に行かなければなりませんでした。よってどこのセカンドカップに行ってもマネージャーに会えることはほとんどありませんでした。
 
それでも諦めずに、
『いつにマネージャーいますか?』
など自分で聞いてみて、
その時間帯に合わせて行ってみたりもしました。
 
2番目の
『店員と会話をして印象づけをする』

f:id:Torontochantoittemashu0228:20170211124304j:image
これもとても大事です。

なぜなら、ここカナダでは、
レジュメを店員に渡して

「マネージャーに渡しとくね!」
と言われてもマネージャーに渡す確率は50%以下なんです。
渡すかどうかはその店員さんの気持ち次第なんです!!

これが日本ならありえませんよね笑

だからこそ!
たくさん話してその人がマネージャーに渡してくれるように印象づけをしましょう。

『店員に騙されてはいけませんよ』 
 
3番目の、
『一度行った店にももう一度行ってみる』

f:id:Torontochantoittemashu0228:20170211124327j:image
これは、一度行った店で

「前、レジュメを渡したんだけどマネージャーに渡してくれましたか?」

と聞いてみたり、
 
以前は
バイト募集してなかったところがバイト募集していたりマネージャーに偶然会えたり、
 
私は偶然マネージャーに会えたレアなパターンです


一度行ったセカンドカップに2度3度行き毎回ダメもとで

「マネージャーいますか?」
と聞いていたら、

ある日、

「あと30分後に帰ってくるよ!」
と言われ、
奇跡的にマネージャーに会って、
レジュメを渡せました!!

 

❋仕事探しは「しつこい」方がちょうどいいんです!!

恥ずかしがってたり遠慮していたら仕事なんて見つかるものも見つかりませんよ。 
 

 

【③英語での面接。】

 f:id:Torontochantoittemashu0228:20170211124407j:image
ここまできたら、

もうあと一歩です!!
 
英語での面接の準備はしっかりしましょう。
 
私は2回しかやったことないので、
そこからの知識で伝えていきます。
 
面接で聞かれることは、
大きく分けて3つあります。
 
①レジュメについて
(ビザの期限、今までやってきた仕事、ボランティア、今何をしてるのか?)
 
②志望理由
(どうしてここで働きたいの?)
 
③働ける時間帯、曜日
(募集している時間帯と曜日がマッチしていないと雇ってくれないかも。)

 

ビザの期限は、
当然ですが長ければ長いほど良いです!
ビザが半年きれると就職先がいっきになくなるので注意しましょう
 
カナダで大学に入学する時などに評価される『ボランティア!』
 f:id:Torontochantoittemashu0228:20170211124702j:image
これもまた面接の時のアピールポイントになります!
 
私は、

セカンドカップ面接時、
 
❋ビザの期限:7ヶ月
❋ボランティア経験:3回ほど(カナダにて)

でした。

(よっしーのボランティア体験記inCanadaはこちらから読めます!)

torontochantoittemashu0228.hatenadiary.jp

 

しかし、
驚いたことに、

日本でカフェで働いた経験が一度もありませんでした

 

しかも、カナダでの接客の仕事はセカンドカップが初めてでした。

全てが初めての自分がどうして受かったのか考えてみると…

 

【今となって思うカフェの面接で受かった理由】

 f:id:Torontochantoittemashu0228:20170227234940j:image

➀『直接的な経験持っていないが間接的な経験をもっていた』

日本にいる時に早朝コンビニのバイトをしていたため、はやい接客ができる。
→カフェはたまに忙しい時があるため、素早い接客をしないといけない。

 

②『ボランティアを経験していた』
ボランティアはお金がもらえないのに、それに対して働くことはとても印象がよいみたいです。
 
③『志望理由』

「ここで絶対に働くんだ!働きたい!」という意志をマネージャーにみせたところです。
 

バイトの面接の攻略法は、
YouTubeで検索したらたくさん出てくるので、そこで予習しておきましょう。
 
 
最後にとっても重要なことは、

 

【絶対に簡単に諦めてはいけないことです!】
 
私は、
セカンドカップで働くために、

トロント内のほとんどのセカンドカップに行きました。どこにあるのかノートに書き、レジュメは合計80枚ぐらい印刷して、配りまくりました。配り始めてから就職するまでは3ヶ月かかりました。
 
なので、本当に絶対に諦めたらいけません。
 
どんなに時間が経とうが、
どんなに電話がかかってこなかがろうが、
どんなに店員の対応が悪かろうが、
そこで諦めてはいけません。
 
 
バリスタの経験もない。

現地で接客の仕事の経験もない。

ビザの期限が7ヶ月しかない。

英語もそこまで上手くない。】
 
 
そんな自分でも受かったので、
諦めなければ、

本当に誰でも受かります。

f:id:Torontochantoittemashu0228:20170211124808j:image
自分を信じて頑張ってください!
応援しています!!
また質問や相談事など何でも聞くので、
その時はコメントください!!

 【バイトが見つからないのは『君の英語力』が問題ではない。/仕事編その4」

ワーホリの仕事について

突然ですが、みなさんに質問です。

 

Qワーホリビザを持っている人がレストランやカフェで働きたくてもバイトが見つからない理由として何があると思いますか?

 

 

 

 

 

 

 

 


多くの方が「英語力」と答えるのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

声を大にして言いますが、


バイトが見つからない原因に英語力は関係ない。】

 

実際のところ、
英語力は高ければ高いほど良いのですが、

普通に生活をしていて困らない英語力」があればレストランやカフェで働けるのです!


しかもカナダの場合は、
多国籍国家で移民してきた方がたくさんいるので雇うオーナーも「英語力」には理解のある人が非常に多いのです。


では、どういった理由があげられるのでしょうか?

 

ローカルカフェへの就職に3か月もかかったよっしーが思う

バイトが見つからない原因となる理由】

 f:id:Torontochantoittemashu0228:20170210171730j:image

➀マネージャーに会える機会

②需要と供給の不一致

③英語のレジュメ

 

 

まず『マネージャーに会える機会』について。

 f:id:Torontochantoittemashu0228:20170210171818j:image

多くの方は最初に語学学校に通いその後に仕事探しを始めると思いますが、
私の場合はカナダにワーホリビザで入国し、
約半年間の語学学校に通っていたためその後に仕事を探そうとなるとワーホリビザの残りの期間が6か月をきり、
仕事探しが大変難しくなる。

(*ビザが半年切れると一気に仕事が見つからなくなるので注意しましょう。)

 

それを防ぐために
2か月目から「学校の勉強」と「仕事探し」を両立していました。


しかし午前8時から午後3時まで学校にいるためマネージャーに会うのが大変難しく、
店員さんに「マネージャーのスケジュール」を聞き出し、会おうと努力は心掛けていましたが、
「機会」に恵まれず3ヶ月の月日が経過してしまいました。


そして二番目の理由としては

需要と供給の不一致

f:id:Torontochantoittemashu0228:20170210172112j:image

・自分が働ける時間帯とマネージャーが求める時間帯の「不一致」
・自分が働きたいポジションとマネージャーが求めるポジションの「不一致」

も同じく大きく関係してきていると思います。

 

もし最初の「機会」に恵まれマネージャーに会えたとしても、
「今は募集していないよ。」と即言われ落ち込んだことは何度もあります。
マネージャーに会うために努力してきたのにその一言で返り討ちにされるなんて….

 

しかし諦めてはいけません。トロントは都会ですからレストランやカフェなどどこにでもあります。
(「逆に全部の店のマネージャーに会ってやる。」とムカついていましたね。笑)

 

そして三番目の理由は『レジュメ』です。

f:id:Torontochantoittemashu0228:20170210172312j:image
レジュメに文法の間違いや不備がありマネージャーに英語力がないと思われ雇われない場合はありますが、
この問題はすぐに解決できます。
なぜなら「語学学校の先生」や「現地エイジェント」に頼ればレジュメを添削してくださるからです。
私はその二つをうまく活用し文法と自己アピールが完璧な史上最高のレジュメを完成させることができました。

 

ちなみに自分が大変お世話になっていた

トロントの「現地エイジェント」を紹介したいと思います。

 

アシストオン(ASSIT ON)』

assiston-toronto.com


ここには現地在住のカナダ歴が長い日本人の方が4人働いており
『ちょっとした相談事』から『カナダの大学・短大の進学手続き』まで幅広く受け付けています。(「ホームステイの手配」「学校の紹介」「TOEIC模擬試験」など)

月に何度か『ボランティアセミナー』や『レジュメセミナー』などの快適な留学生活を送れるようにアシストしてくれるそんな現地エイジェントです。

トロントに行く予定の方や住んでいる方は一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

 日本からのお問い合わせもどしどし受け付けてます!

営業時間:月~金曜日10:00-18:00』
住所:586 Yonge Street, Unit201, Toronto, Ontario, Canada M4Y 1Z3』
お問い合わせ先(電話):日本語専用 (416)969-8880 | FAX (416)539-0100

(メールアドレス):assistontoronto16@gmail.com』

 


以上3つの『バイトが見つからない理由』を紹介しましたが、

いかがだったでしょうか?

仕事が全然見つからずに悩んでいる方や仕事探しが不安な方などの少しでも支えになれば嬉しく思えます。
本日も読んでいただきありがとうございました。

質問などどしどし受け付けているのでお気楽にどうぞ。

【カナダのボランティア事情/仕事編その3】

ワーホリの仕事について

こんにちは。よっしーです!
今回は自分がトロントで参加したことがあるボランティアについて書いていこうと思います。

 f:id:Torontochantoittemashu0228:20170209004200j:image

カナダでは年中たくさんのイベントがあり毎回多くのボランティアを集っています。
それにボランティアを経験しておくと仕事探しの時にアピールできますよ。

 

(なぜならカナダでボランティアの評価は非常に高く、大学進学や就職の時にもアピールポイントになるからです。)

 

簡単にですが、
トロントの一年間でどんなイベントがあるのか見ていきましょう。

 

 

【年間イベントin Toronto】

f:id:Torontochantoittemashu0228:20170209002029j:image

『1月〜2月』 Winter City Festival
「長い冬の厳しさを吹き飛ばせ!」をテーマに開催されるトロント最大の冬のイベント。
『3月』 Canada Blooms
「北米最大規模のフラワーイベント」
『4月』 Major League Baseball

f:id:Torontochantoittemashu0228:20170209002059j:image
メジャーリーグ開幕。トロントには『トロント・ブルージェイズ』というメジャーリーグの球団があり、ヤンキースレッドソックスと同じリーグに属しており昨年はなんと1位になったのです。」
『5月』 Doors Open Toronto

f:id:Torontochantoittemashu0228:20170209002140j:image
「普段は立ち入り禁止の130以上の歴史的に重要な建物が解放され貴重な体験や珍しい物が見れる特別なイベント。」
『6月』Pride Parade

f:id:Torontochantoittemashu0228:20170209002249j:image
LGBT文化を讃えるイベント」
『7月』Caribbean Carnival Toronto
「世界最大規模のカリビアン・カーニバル」
『8月』Taste of the Danforth

f:id:Torontochantoittemashu0228:20170209002517j:image
「グリークタウン(ギリシャ街)で行われる食のイベント。ギリシャの音楽やダンスなどの文化に触れることができます。」
『9月』Toronto International Film Festival(トロント国際映画祭

f:id:Torontochantoittemashu0228:20170209002613j:image
「世界各国から多くの有名映画が集結し上映されるイベント。あのカンヌ映画祭に次ぐ規模の映画祭で、北米最大の映画祭。ハリウッドスターを生で見られるチャンスです。ちなみに私は現在、日本で公開されているMagnificent Sevenに出演している有名な俳優を5人ほど間近でみました。」


『10月』Toronto Zombie Walk & Halloween Parade
「街のストリートや地下鉄に多くのゾンビやコスプレイヤーが出現します。カナダだからこそハイクオリティーのハロウィンを楽しめます。」
『11月』Santa Claus Parade
「100年以上開催されておりサンタが街を歩くトロントの伝統的なイベントの一つです」
『12月』New Year’s Eve Bash
「人気のアーティストたちによるコンサートやカウントダウンの花火などで多くの方がトロント市庁舎前で行う年越しイベントです。」

 

上記のイベントで自分が働いたボランティアを1つ紹介したいと思います。

 

【毎年6月開催】

「Pride Parade(ゲイ・パレード)」

f:id:Torontochantoittemashu0228:20170209002921j:image

このイベントは、


レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダーLGBT)文化を讃えるイベントで各時代における法的権利(同性結婚や反差別など)を求めるLGBTの社会運動の場ともなってきた。

イベントは世界中の様々な都市で、ストーンウォールの反乱を記念した毎年6月を中心に行われている。
Wikipediaより引用)

 

皆さん知っていましたか?

 

トロントは、

世界で一番LGBTの方が住みやすい都市なのです。

 f:id:Torontochantoittemashu0228:20170209004826j:image

トロント市内のLGBTエリアには『虹色』の旗や模様をいたるところに見つけることができます)

 

なぜなら2003年にオンタリオ州同性結婚を合法とする司法判断が下り、トロントはゲイ・レズビアン向け施策において、北米で最も先駆的な役割を果たしてきたから。
だからこそトロントで行われるこのイベントはカナダで最も大きなゲイ・パレードとして有名。

 

この歴史のあるイベントに肌で感じてみたいと思った私は

現地のエイジェントに行き「ゲイパレード・ボランティアセミナー」に参加し、

いろんな部門がある中で

 

英語を一番よく使うと説明された

Festival Research Volunteer

に申し込みをしてみました。
(その時はどういった仕事なのか把握しておらず笑)

 

【不安と興奮で迎えたゲイパレードボランティア当日】

 f:id:Torontochantoittemashu0228:20170209003017j:image

自分が担当する『Festival Research Volunteer』のテントの受付に行ってみるとボランティア内容の詳しいことを教えてくれました。

 

なんと!びっくり仰天!!

 

Festival Research』という名前から予測のつく人はいると思いますが…

 

そう「ゲイ・パレード(Festival)」を「調査(Research)」するのです。

 

詳しく言うと、

ゲイ・パレードを観に来ているお客さんに一人一人声をかけてアンケートを書いてもらうのです。

 

なに!?

 

カナダに来たから日本にいた頃と比べてフレンドリーになったとはいえ、

外国の方に英語で『自分から』話しかけるなど難易度が高すぎる。

 

しかし、

 

自分が希望したボランティアなので逃げるわけにはいかん!そんなの「甘え」

にすぎないのだ。

 

とシャイな自分を押し殺してなるべく一人の方を狙い


「Excuse me , sir. Could you have a couple minutes for a survey?」

 

と話しかけて任務を遂行していきました。


最初の一人はかなり苦戦し誰に話しかけていいのか全く分からずただ歩いてるだけでしたが、
他のボランティアの方が次々とアンケート調査を行う姿を見て
「負けてられない。」と魂が燃えて積極的に話しかけにいきました。

しかし多くの方が、時間がなくてアンケートに答えてくれない場合や

俺はアンケートをしに来たのではない。イベントを楽しみに来たのだ。」

と言われたこともあり心が折れそうな時も多々ありました。

そんななかアンケートに答えてくれる人がだんだんと増え、

その人達に「LGBT」について教えてもらったり世間話をして笑ったりと

このボランティアの「やりがい」が少しずつですが見えてきました。

話しかけて仲良くなった人に「カナダに来て4ヶ月目なのです。」と言ってみると、
驚いた顔で自分の英語力を褒めちぎってくれる方がちらほらいたりとなんというか
このボランティアをしている最中は『情緒不安定』でした(笑)。

 

もちろん、

イベントに参加する側でも楽しめたのですが、あえてボランティアとして働いてみる。


イベント側の人間になったほうがLGBTのことについて、
よく知れて参加者との触れ合いがあり、とっても充実していました。

 

こういう一つ一つの行動が【自分の英語力の向上】に繋がるのだと実感しました。

 

「やらないよりやる後悔」(後悔してませんけど笑)

 

ちなみに、

f:id:Torontochantoittemashu0228:20170209003522j:image

このボランティア以外にも過去に3回ほどボランティアをし

 

なんとそのボランティアの団体から

『感謝状』

f:id:Torontochantoittemashu0228:20170209003152j:image

を受け取ったことがあります

 

そのボランティアとは

「50/50Tickets」

です。

 

【50/50Tickets Volunteer】

★仕事内容★「チケット販売」

 f:id:Torontochantoittemashu0228:20170209004128j:image

スポーツスタジアムにて「チャリティー」と「宝くじ」が1枚になったチケットを売るのです。
チケットの半分のお金が「貧しい子供たちのスポーツ支援」のために寄付され、
もう半分のお金は「宝くじの当選金額」へとまわされ、
試合終了後に会場にあるスクリーンに当選番号が表示されるのです。
(チケットに宝くじの番号が印刷されています。)


とても海外らしいですよね!『慈善』と『賭博』のコラボなんて!

日本じゃ絶対に不可能ですよね(笑)

 

そして、私がこのボランティアをお勧めしたい理由は3つあります。

 

➀購入したい人が自分のところに来てくれる。
(シャイな日本人でも大丈夫!)
②ネイティブと英語を話せて、ボランティアを通して友達もできます。

f:id:Torontochantoittemashu0228:20170209003737j:image
(このボランティアを通して現地の高校生と友達になれました!)

③ボランティア終了後に無料でピザを配布され、なんと試合無料観戦できます。

f:id:Torontochantoittemashu0228:20170209003951j:image
(これが最高すぎる特典。カナダでスポーツ観戦をしようとしたら最低でも$50以上は払わないといけません。)

 

 

みなさんもボランティアを活用して、

その年の歴史に触れたり友達を作ったり、

英語力の向上に繋げて毎日をエンジョイしてみてはいかがですか?