【インターンDAY31】上司によく叱られること。

こんちゃっす!

よっしーです!!

 


今日は、

 


2ヶ月目のモニタリング

(✳︎モニタリングとは、

インターンシップのコーディネーターと上司と自分でやるインターンシップの進行状況を確認する三者面談です。)


 


人生初めてのラジオ出演

 


でだいぶカロリーを消費しました。

 

 

 

たぶん、

 


10kgぐらい今日で痩せました(笑)

 

 

 

本当にそんぐらい

精神的にやられましたね(笑)

 

f:id:Torontochantoittemashu0228:20180517185909j:image

(↑写真はインターンとなんら関係ないものです。)

 

最近、よく叱られることがあるんです。

 

 

原因は、

 

1度指摘されたミスを意識できておらず、

   同じミスをするから。

 


とっても当たり前なことなのですが、

それが自分にはできておらず、

チェックシートを作るべきだな。

と今日感じました。

 

 

最もなおすことが難しいミス

 


今まで培ってきてできた

 


 


です。

 

 

 

もっと具体的な話をすると、

 


第一人称の呼び名について

 


です。

 


私は今までずっと、

 


第一人称を

 


自分』で

 


自分は〇〇。

 


のように使っていました。

 

 

 

しかし、

インターン中ではその第一人称の呼び名は

ふさわしくないのです。

 


ふさわしい第一人称の呼び名は、

 


『僕』あるいは『私』

 


と教わりました。

 

 

 

自分でも「なおそう。なおそう。

と意識しておりますが、

 


ふと気を抜いた会話の時に、

 


まだ『自分』っという

第一人称を使ってしまいます。

 

 

 

何故でしょうか?

 


おそらくですが、

 


』というものは、

 


今まで生きてきた過程の中で

何かの理由か、きっかけがない限り

出てこないと思うんです。

 

 

 

だから、

考えてみました。

 


どうして自分の

第一人称の呼び名が 

自分』なのかを。

 

その理由として、

 

『他の人との差別化を図りたい。』から。

 


推測ですが、

(誰々と違って)自分は、

こういうことがしたいです!

 


といった周りとの差別化をはかりたい想い

承認欲求が強いのだと思いました。

 


自分を認めてほしい。

自分を褒めてほしい。

 


その欲求が強すぎて、

 


自分は

 


といった第一人称になったのだと思います。

 

 

 

どうして、自分に自信がないのでしょうか?

 

 

 

カナダワーホリ留学でカナダのカフェのローカルカフで働くことができた。

TOEICの点数が伸ばすことができた。

ヒッチハイク成功。

 

などなど 

様々なことを行ってきましたが、

 


原点となるのは、

 


親の存在なのかなと思っています。

 

 

 

誰しも自分の親に認められたら、

嬉しいですし、自信をつけることができるのでは?

 

 

と感じております。

 


根拠も何もありませんが、

思春期に起きたコトは、

今もこうやって影響してきているのかな

と少しずつですが実感しております。

 

 

 

まぁ、なにあれ

 


これからの第一人称は、

 


『僕』

 


で行きます。

 


もし、

自分は

って使ってたら注意してほしいです。

 

 

 

それでは、ばいばい!!

読んでくれてありがとうございます😊

 

 

 

【留学でTOEICの点数が上がるのは幻想にすぎないのかも。】

こんちゃっす!

よっしーです!!

 


留学したからTOEICの点数めっちゃ上がりました。

って人は実は少ない説。笑

 

 

 

✳︎これから話す話は、

フィリピンセブ島留学などのTOEICの点数を上げるための語学留学は除きます。

 

 

 

留学から帰ってきて、

様々な留学経験者と会いました。

 

 

 

自分も含めてTOEICの点数がとても上がった人が実は、少なかったのです。

 

 

 

と言いますのも、

 


留学で身につく英語スキルは、

特に『コミュニケーション能力』が

身につくものなので、

 


英語の読み・書き能力は、

 


意識して勉強しないと上がっていない場合があります。

 


語学留学のクラスは上がっていて、

自分もTOEICの点数もとっても上がるだろうと思っていましたが、

 


帰国してすぐに受けたTOEICではそれほどでした。

 


参考にですが、

 


『留学前』→  345点

f:id:Torontochantoittemashu0228:20180514230023j:image


  +280

 


『帰国直後』  →  625点

f:id:Torontochantoittemashu0228:20180514225815j:image


だったのです。

 


ワーキングホリデー留学で、

カナダのダウンタウンにあるカフェで

f:id:Torontochantoittemashu0228:20180514225915j:image

働いていましたが、

 

 


このレベルの英語力でした。

 


しかし、

どのようにしたらTOEICの点数が上がるのでしょうか?

何がいけなかったのでしょうか?

 

 

それは、単純に

 

TOEICの試験のコツ

TOEICのための英語の勉強方法

 

をしていなかったからです。

 

海外留学して、

ある程度英語で話したからといって、

TOEICの点数は上がるとはいいきれないのです。

 

そう、比例しないのです。

 

 

 

 

現在私のTOEICの点数は、

 


780点です。

 


留学から帰国直後に比べると、

155点』も上がっています。

 

 

 

どうやってあげたのでしょうか?

 

 

 

私のTOEICの点数が上がった理由としては、

 


大学にある「TOEIC 講座」を受講したからです。

 


さらに、

 


自分がいつも勉強しているキャンパスではない外国語学部があるキャンパスでその講座を受講することによって、

 


周りが自分と同じ熱量なのです。

 


もちろん、

レベルチェックテストはあるのですが、

モチベーションが

バラバラなクラスもたまにあるのです。

 


要するに、

 


TOEIC を勉強するうえで大事なことは、

 


・モチベーション

 


・仲間

 


TOEICの授業は日本語で受けるべき。

 

 

 

1人で勉強できる人はいいのですが、

 


TOEICの本だけ買って、結局勉強しなかった。

 


といった経験がある方は、

 


是非、英語の塾や講座をとって、

一緒に勉強する『仲間づくり

から始めてみてください。

 


そんなの時間の無駄だ

 


と思う方でも、

 


勉強しようとしている熱量がいつまで続くのか。

 


はたまた、

モチベーションが落ちた時の解決策はどうするのか。

 

 

 

考えてみてください。

 


ここまで読んでくださり、

ありがとうございました。

 

TOEICの具体的な勉強方法が知りたい方は、

コメントくださいな。

 

 

 

今年中に必ずTOEIC860点とる。

よっしーでした!